HOME
トップページ
みんなの感走記 みんなの掲示板 大会専用掲示板 大会総合案内  お問合せ
RUNメッセージ クラブ主催マラニックの趣旨   年中RUNラン   仲間ニュース
■HOME   ■仲間ニュース   ■6dayrunコーラック
■植村直己冒険賞レポート    ■活動報告   ■Say&You  ■2006木津川マラソン  
 

Vol.8   仲間ニュース 『RunMate』

     すた子さん『2005さくら道国際ネーチャーラン』快挙!!

2005・4・23〜24開催されました 『2005さくら道国際ネーチャーラン』で、すた子さん(平井小夜子さん)が、初参加ながら見事な走りで完走されました。おまけに何と30時間を切って、29時間台での完走でした。まさしく、実力のとおり素晴らしい快挙であり、我クラブの仲間としての誇りでもあります。

まずは「完走おめでとうございました&お疲れさまでした」。 これからも益々実力を発揮され、女性ウルトラ界を担うランナーとして頭角を現わしてこられるものと期待しております。無理せず、マイペースで頑張って下さい。みんなで陰ながら応援していますよ〜!

 ★〜すた子さんからのメッセージです★〜

 ネイチャーの折は、応援ありがとうございました。
36時間で走れるかどうかとても不安だっただけに、30時間切る事が
出来、自分でも本当に上出来だと満足しています。
これも、ナビ&マリリンさん、にぎやかワンダ、そしてチームメイトの
あるでないでのメンバー、そして皆さんの応援のおかげだったと思い
ます。時折、真理子さんのアドバイスを住友さんが送ってきました。
有難い事でした!
その都度守ったつもりでしたが、言われる通り、やはり途中バテテし
まいました。
それがレースでありかつロングになればなる程、ペース配分がいか
に難しいかを痛感しました。
  でもとてもいい経験になったと思います。今まで自分になかった、
こんな走りもあるんだなぁと感じ、これからはまたいろんな場所や
走り方で、自分の世界を広げて行きたいと思いました。
  100マイルクラブの皆さん、応援ありがとうございました!
また、関西で一緒に走って下さいね。

<一番プレッシャーだった事>
あるでないでのメンバーに100マイルクラブの幟を振って応援
する、と言われた事。
                        2005・5・15  平井小夜子

 ☆★ゴールでは、まだまだ余裕が見られるすた子さんでした。(やっぱり凄いですね〜!) 

                           2005・4.24   〜金沢兼六園の佐藤桜にて〜  

 

 

 〜〜〜〜〜〜#〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜#〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜#〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜#〜〜〜〜〜〜

              Vol.7   仲間ニュース 『RunMate』

2004 .1月〜12月      2004 『RunMate』 賞は下記の方に決定♪♪

今年の活躍ぶりを評価し、松本伸一様(ぴかいちさん) 大阪市住之江区
『RunMate』 賞 に決定致しました。推薦はまっちゃん&WANDAさんでした。

ぴかいちさん@ランナーでないさん、と言われながらも、ウルトラの世界では中堅のばりばり40歳台です。
我がクラブにはまったのはここ2年ほど前でありますが、我がクラブの大会及びイベントに数多く参加され、 最近めきめきと力をつけてこられました。又、大会ボランティア&レポーターとして仲間を大いに楽しませ、 陰の功労者としての活躍は著しいものがあります。
  よって、日本100マイルクラブに多大なる貢献をされた証として、その努力と熱意を称え、ここに2004年 『RunMate』 賞をお贈り致します。

これからも、益々ウルトラの世界を楽しく走り、又レポーターとしても多くの皆さんを楽しませて頂きたいと思います。
「おめでとうございました」。

ぴかいちさんには「おおさか渡船場巡りマラニック」の後の打ち上げ会場にて、

「写真入りの表彰状とクリスタルの盾」を贈呈いたしました


  2005年1月30日 
                             「Run Mate賞」選考委員会


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○下記はぴかいちさんからの長文メッセージ(履歴書)です。気長〜くご一読下さい。

2005.1.16

Run Mate賞〜私の走りの履歴書〜

ぴかいち(松本 伸一)

このたび100マイルクラブより「Run Mate賞」をいただくことになりました。 私のような若輩者が多くの皆さんの中から選ばれ感激です。 私を走らせてくれた家族、一緒に走ってくれたランナーの皆さん、スタッフや ボランティアの皆さんに深く感謝します。ありがとうございます。

この賞をスタートに今後もゆっくりと、仲間と共に距離がどこまでも年齢がいつまでも、 長く楽しく健康で安全に走れるよう精進していきたいと思います。

それでは阪神淡路大震災から10年。私の10年余りの走りの履歴書を公開します。 本格的に走り始めた頃は95年頃からですが、96年からつけている、ランナーズ・ ダイアリーをめくりながら記憶を掘り返しつつ思い出したものです。

96年は「第13回京都木津川マラソン」で初フル。タイムは5時間50分35秒。 前年の11月〜12月頃に走りすぎたせいで、ヒザを痛めて完走できるか不安な状態 でしたが、6時間のペースランナー竹田さん(フル100楽走会・その頃は知らなかったのですが)のおかげで完走することができました。 3月には「明日香ひなまつりマラソン」10kmで石舞台の周囲を走りました。

 自分がカンスパで石舞台を走るなんて10年前には想像もできないことでした。 その頃フルは木津川と福知山が年2回、10km以下のレースに多く参加していました。 会社のスポーツクラブで11月に神戸市主催の「六甲全山縦走大会」に参加するため、 夏ごろからトレーニングを開始しました。その後‘03年まで8年連続で参加しました。
56kmを約12時間前後で歩くので、練習会や筋トレ、そしてストレッチなどを 通じて現在のウルトラマラソンを走るベースができてきたと思います。

98年はハーフの回数が増えています。年間の大会参加も3kmのレースなどを含め 27回。春には大阪シティ、京都シティ、会社の仲間と明石海峡大橋など京阪神の有名なレースに参加していますが、ファンランなのでハーフのタイムは1時間50分前後でした。 家族とファミリーマラソンに行ったり、仲間と山歩きにも何度か行っています。

99年そろそろフル以上の距離を走たくなり、サロマ湖100kmにエントリー しました。木津川で4時間切れたら 北海道 に行こうと決め、結果は3時間56分11秒。 いきなり100kmは無謀かと思い、「鯖街道マラニック80km」で足試し。 苦しかったけど山道は面白く、こんなレースもあるんだという思いでなんとか出町商店街にゴールできました。このマラニックで走らせてもらっていること、ゴールできたこと のよろこびから涙でアーケードが少しぼやけて見えました。 以来、鯖街道にはまり毎年参加しています。「東山三十六峰」も連続参加です。

6月「サロマ湖100kmウルトラマラソン」。たぶん完走は来年になると下見のつもりで参加したのですが、スタート時の天候が小雨だったのが幸いしゴールすることが できました。タイムは12時間17分。以来5年連続 北海道 に行きました。 しかし、2001年は暑さのため80km関門通過時点でリタイア、完走は4回です。 その頃から大会で堂本さんと会う機会が多くなりました。最近会わないので心配です。

2000年はかっとび伊吹、妙見山岳マラソンなどの山岳レースにも参加しはじめます。 「四万十川100km」に初参加。途中のカヌー館でリタイアも考えたのですが、 なんとか復活して完走。翌週、「和歌 山城〜高野 山110km」無理しないとの家族の 約束を守り90km関門通過でリタイア。スタート時の写真にはナビさんが写っている のを最近発見。そういえば堂本さんと打上会場で缶ビール飲んでるとき、玉本さんや 山上さんに会っていたんですね。

01年は4月「 大阪府 チャレンジ登山大会」でダイトレコースを初めて走る。 9月は「立山登山マラニック」と「チャレンジ比良」(歩き)の大会初参加。 ウルトラと山岳マラニックというのが、自分の走りとあっているように感じできた時期 でもあります。でもサロマの途中リタイアは反省材料でした。どんな条件でもゴール できるよう鍛えなければならない、レースの状況に合わせて体調も精神状態も コントロールしなければ完走できないことを学びました。 職場の仲間を誘いハイキングを始めたのもこの頃でした。

02年はレース(歩きの大会含め)過去最高の32回。 ウルトラも5月「野辺山100km」、「鯖街道80km」、6月「しまなみ100km」 「サロマ湖100km」、9月「立山登山マラニック65km」、10月「えちごくびきの 100km」と年間6本。ランナーズのNB大会出場コンテスト(距離の部)で入賞。

私が日本100マイルクラブの大会に初めて参加したのは、4月「大阪城さくら マラソン」。このとき枚方の折り返し地点がわからず、少し余計に走りました。 そして12月「チャレンジマラソンin長居」のフルでした。 家の近くだったので参加したのですが、人数が少なくゴール後は豚汁のサービスがあってうれしかったことを覚えています。 そして、桜ノ宮での「クリスマスチャリティラン」(フル)。海宝さんが参加されていて 一緒にゴールさせていただきました。

 03年、この年から100マイルクラブのマラニックに本格的に参加。 1月「竹内街道60km」一番後ろの方だったので堂本さん、河田さん、長崎さん (その頃Wandaなんてとても呼べなかった)と一緒に走りました。 きっと、もたもたしてると思われていたことでしょう。打ち上げにも参加。

2月「信貴〜生駒」、3月「六甲全山縦走」、3月「奈良万葉の里」、8月「パノラマ トレールラン」(連続参加できなくて初日と2日目だけ)、7月「 二上山〜葛 城・金剛」 9月「東海自然歩道・大和路編」、そして10月予想もしない「関西周遊山岳マラニック」、 11月「OSAKA BAY240km」、12月 再び 「信貴〜生駒」 、 締めは「ロイヤルデーラン」。

  全部で11回の参加。 ボランティアが「チャレンジマラソン・長居」と「クリスマスチャリティラン」の2回。 日帰りマラニックに始まり、泊まりと連続走行と100km以上の長距離走、そして ボランティアと5年分を濃縮したような経験をした1年間でした。

関西周遊では「チーム・ミラクル」を組んだ田中@京田辺さん、小坂さん、 OSAKABAYで一緒に走り、今では「大阪ベイスターズ」となった、大西おじさん、 横ちゃん、田中@福岡さんとの出会いがありました。ウルトラやマラニックを通じて 一気に世界が広がった年になりました。

 04年、マラニックなど通じて、仲間とのつながりが強い絆となった年でした。 1月「ランナーズ賞受賞メモリアルラン」、 2月、雪の矢田寺が美しかった「奈良万葉の里」、 3月「京都寺巡り」、「東海自然歩道・大和路編」

  4月、雪の「六甲全山縦走」、「さくらマラソン」ボランティア、「太陽の道」、 5月「カンスパ」、「渡船場巡り」、血染めの「琵琶湖一周」、「いにしえの道」 6月「 第2回 OSAKA BAY」、「信貴〜生駒」

7月「東高野街道」、世界遺産となった「大峰奥駈」、「パノラマトレールラン」 8月、南米壮行会を兼ねた「さわやかナイトラン」 9月〜12月、留守番部隊の「カンスパ試走会」、「クリスマスチャリティラン」 それぞれに思い出に残るマラニックや大会となりました。

 ナビ&マリリンさん、ひまちゃん、マッちゃん&Wandaなど多くのランナーとの 輪が広がり深まっていきました。もう抜けきれなくなってしまいました。 2005年も健康に感謝しながら仲間のみなさんと楽しく走り続けたいものです。 今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

Vol. 仲間ニュース 『RunMate』



   2003.1月〜12月
         


                     
2003『RunMate』賞は下記の方に決定!!
       
 今年の活躍ぶりを評価し、長崎正広&由里子様ご夫妻(兵庫県西宮市)を『RunMate』賞に選ばせて頂きました。
 お二人は、ウルトラの世界では、まだ30歳台という若さでありながら、視覚障害者の片腕となり、最近は特に我がクラブのイベントにも多く参加頂きその健脚ぶりを発揮されています。    由里子さんは、今年初参加ながら、「関西周遊山岳マラニック」を完走する快挙を果たし、 相棒の正広さんはもとより、仲間をあ〜っと言わせました。最近は、スタッフとしてもお手伝いを頂くなど、陰の力としても活躍して頂いています。ネットを使った情報提供なども頂き、大会PRなども、積極的にして頂き、その説得力は素晴らしいものがあります。
お二人には、益々ウルトラの世界を楽しく走り、ドンドンその世界を広めていって頂きたいと思います。
「おめでとうございました」。 

まっちゃん&WANDAさんには
『RunMate』として、賞状と盾を贈らせて頂きます。

2003年12月25日クリスマス
「Run Mate賞」選考委員会

------WANDAさんからのメッセージを頂きました。
年末に熊野街道ジャーニーランに参加させていただきました。
昨年に続いて2度目の参加です。そのときに『2003年度RUN MATE賞』に私達二人を選んでいただいたことをききました。びっくりしました。

昨年受賞の大西さんの言葉を借りるわけではないですが、他にも沢山の素晴らしい方々がいらっしゃって、誰が受賞してもおかしくない、皆さんがそれぞれに受賞される理由があるなかで、私達を選んでいただいたからです。

受賞の理由は、色々あったこともききました。
* 2003年度の大会(マラニック)出場回数の多さ、数えてみると、マッちゃんが8回。
 Wandaが14回。二人合わせると22回にもなりました。
 恥ずかしくなるほど一杯、参加していることに我ながら唖然。
* 関西周遊山岳マラニックでの二人の頑張り。マッちゃんの執念の粘り。Wandaの恐るべき粘りと作戦。
* 歩く広告宣伝塔  参加するたびに、迷惑顧みず長いレポートを書き、多くの人を誘惑。
* 申し込みフォームの作成
 HPからネット上で必要事項を記入すれば申し込みができるフォームを作製。大好評で申し込みぞくぞく???!
* HP侵入
 100 mile clubのホームページに頻繁に侵入。掲示板にお印をつける。

◇♂♀私達は、楽しませていただいて♪♪、その上、RUN MATE賞もいただいてしまって申し
訳ないような気がしますが、とても嬉しいです。ありがとうございました。

少し長くなりますが、私達二人と100マイルクラブ、関根さん、阪本さんとの出会いを書かせていただきたいと思います。

関根さん、阪本さんというオーストラリア大陸を横断された凄い方がいらっしゃって、そのお二人が関西周遊というとんでもない大会を主催しておられる、ということはきいていたものの、そんなすごい方は雲の上の存在。関西周遊は99年からゴールの20キロ程手前、武庫川の北の端っこでランナーの皆さんの応援をさせていただいてたものの、これまた眺めるだけの大会。

初めて日本100マイルクラブの大会に参加させていただいたのは、新檜尾公園で行われた2001年1月の新春チャレンジフルマラソン + 6時間走。

そして同じ2001年の4月末、さくら道ウルトラマラニックのときに、白川郷分岐で関根さん、阪本さんのお二人がエードをしてくださってました。Wandaはここであつかましく、ずうずうしくとんでもないお願いをして見事に却下されます。

前日に使った雨合羽、雨があがって要らないから、大阪に持ち帰ってもらえないか?? あとで取りにいかせてもらうから、、というなんとも大胆で、そして情けなく、恥ずかしいお願いです。

『自分で持って走って頑張りなさい。』と勇気を奮い起こしてしたお願いを却下される。

『ここにこの時間で時間内ゴールできますか?』
『真理ちゃんが走ったときは、ここの通過時間はもっと遅かったけど、このあと速度をあげてゴールしてるよ。』と関根さん。

厳しいお言葉ながら、ごもっとものことに一念発起。なんとか時間内ゴールを果たすことができました。

その翌年の2002年3月、再びさくら道ウルトラマラニックの季節が迫ったときのこと。さくら道対策として、自宅(西宮)から須磨裏公園まで夜間走をして早朝、須磨浦公園に到着。引き続き六甲全山縦走をして宝塚に下りたあと、自宅まで引き続き走って帰る、、という壮大なプランを立てました。決行日は3月末。
仕事も休む準備を互いにしていたのに、決行日になってWandaが熱を出し決行不可能に。大ピンチ。

さくら道までに夜間走 + 長距離走をしておかなければなりません。
そんな私達の目に飛び込んできたのが、『太陽の道ウルトラマラニック』の案内でした。

『さくら道の2週間前やろ? あれ、山ばっかりやで。あんなん行ったら脚あかんようになって、さくら道走られへんからやめとき。あかん、あかん』とFさんからの忠告。

それでも、あとがない私達には『太陽の道』の案内が頭から離れず、終に申し込んでしまいました。

忠告は正しかった。『太陽の道』は、とんでもない大会でした。夜中に山に登らないといけない、平地がない、地図は難しい。

しかし私達はこのとんでもない大会の魅力にはまってしまいました。そして、気がつくと2003年は100 mile clubの大会にはまりまくってしまっていたのでした。

雲の上の凄い方だと思っていた関根さんと阪本さんは、ウルトラ、ジャーニーラン、ステージレース、などなど、走ることにおいてすごい方です。

でも、もっとすごいことは沢山の人に色々な形で走る機会を提供してくださり参加したい方はどうぞいらっしゃい、、
と走る楽しさを広めてくださっていることです。

色々な機会にいただいた大会案内を眺めると私達にも参加できるイベントやマラニックは沢山ありました。
そのお陰で、私達は昨年1年、多くの大会に参加させていただき、楽しまていただきました。

そして、こんなに楽しみながら、RUN MATE賞までいただいてしまいました。
本当にありがとうございました。

2004年も二人で色々な大会に参加させていただき、そして、歩く広告塔として100 mile clubの大会の魅力を多くの方に伝えていきたいと思います。

関根さん、阪本さん、そして皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。
                                         


 

Vol.5仲間ニュース 『RunMate』

 2003.3月〜4月


                    2002『RunMate』特別賞は下記の方に決定!!
       
昨年のご活躍ぶりを評価し、市民ランナー大西辰夫様(京都府加茂郡)を「特別賞」に選ばせて頂きました。大西様は、60歳台という年齢もさる事ながら、多くの大会に参加され、健脚ぶりを発揮されておられます。
最近は、我がクラブのイベントにも沢山参加頂きました。
昨年10月の「いにしえの道.奈良〜京都100キロ遠足」では本当に楽しんで走って頂きました。これからも、益々健康ランを趣旨として、楽しんで走って頂きたいと願っております。
 

<賞状>大西辰夫様には『RunMate』の「特別賞」を授与致します。
  
     「おめでとうございました」。賞状と賞品を贈らせて頂きました。

2002「Run Mate賞」選考委員会




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
<京都加茂町の大西様からのメッセージです>
「日本100マイルクラブ」の、ホームページの仲間ニュースを見てびっくりしています。私の名前が、「Ran Mete」の「特別賞」として出ていたからです。
きっと他にも、多くの素晴らしい方々がおられた事だろうと思っていますが、ここは素直に喜びたいと思います。本当にありがとうございました。

「日本100マイルクラブ」主催の大会に、昨年の4月6日の大阪城桜マラソンに初めて参加。大会運営のユニークさや人、物、自然など多くの素晴らしい出会いや同じ走る中間の交流がある大会として魅力を感じていました。その後、

◇10月26日の「いにしえの道奈良〜京都100q遠足」、
◇12月14日の「チヤレンジマラソンIn長居」
◇12月23日の「クリスマス・チヤリテイ・ラン」
◇2003年1月18日の「新春チヤレンジマラソン大会」
などに参加。多いにランニングを楽しませていただきました。
今後も、出来るだけ多くの大会に参加させて頂ければと思っていますので、何かとお世話をお掛けいたしますが、くれぐれもよろしくお願いします。

★私のランニング
頭の手術が走りを変えた!
頭への打撲による怪我で右慢性硬膜下血腫になり、平成8年4月に2度手術を行なったが、経過もよくその年の11月に「吉野川マラソン」と「福知山マラソン」に参加。ゴールした時に涙が出て止まらなかった。その時に走れる事の本当の幸せを知った。そんな事があって、その後は特に、走れることの喜びを!

走らしてもらえる嬉しさを!自分の心に感激と感動を!
そして、感謝の心を!強く感じ意識するようになりました。
これからもそんなランニングが出来るよう頑張って行きたいと思っています。
今後ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。



       2002「Run Mate賞」選考委員会